狭い畑の土地を駐車場に

2018.07.25

狭い畑の土地を駐車場に

東京都下にある親戚の畑の継手がいなくなり、土地を手放す話が持ち上がりました。叔母から、「先祖代々受け継いできた畑を手放すのは忍びないけれど、土地の整理をどうしたらいいか困っている」と聞き、以前から不動産投資に興味があった私が、なんとかせねばと解決に動くことになりました。

叔母の言う通り、3カ所あるどの畑も大きなマンションを建てるには土地が狭く、かといってアパートを建てても駅から20分以上離れた場所なので、空き部屋リスクを背負うことになる。戸建も考えましたが、近くに墓地があったり、川の近くだったりして条件的に厳しい、と不動産屋に言われてしまいました。

そこで思いついたのが、その場所に建物を建てるのは難しいけれど、駐車場としてなら活用する案です。3カ所の土地のすべて駐車場にできるか不安だったので、さっそくアグナスさんに相談してみました。アグナスさんに現地調査をしてもらったところ、コインパーキングの損益分岐点は家賃の2倍の収益があるかどうかで、それ以下だと赤字になってしまうとのことでした。

そこで、3カ所ある土地のうち使えそうな土地を2か所、試算をしてもらうことにしました。1台分16,000円で借りたとして、10台分で家賃は月々16万円です。設備投資はそれぞれ200万円ほど必要だと言われましたので、売り上げを最低1日1,000円で計算してみると、月売り上げは30万円。そこから家賃や機械のメンテナンス費用を差し引くと粗利は10万円です。

初期投資費用の回収に40ヵ月はかかりますが、それ以降は月10万円が不労収入として入ってくるわけです。その話を叔母にすると、

「アパート経営よりリスクはなさそうだけれど、管理が大変なのでは?」
と。その心配は、すべてアグナスさんが保守点検も含めて行なってくれるということで解決しました。

実際に稼働させて3ヶ月たちましたが、実売り上げは1台当たり1,400円程度にはなっています。当初の試算より早く利益を上げられそうで、親戚一同、アグナスさんにお任せして大満足しています。